理想の寝具とは|いびきで悩んでいるのならいびき防止グッズを利用しよう
女の人

いびきで悩んでいるのならいびき防止グッズを利用しよう

理想の寝具とは

寝室

人は一日で約8時間睡眠をとるといわれ、1/3を睡眠が占めているというわけです。熟睡でき、より良い睡眠をとる為には、寝具を見直すことが重要です。寝具といっても敷布団、マットレス、掛布団、枕やシーツなどがあります。敷布団やマットレスなどは、寝心地を確かめてから購入するといった方が大半だと思います。しかし、枕はデザイン中心だったりして、寝心地を確かめてから購入する方は少数ではないでしょうか。快適に睡眠をとるには枕が重要になり、理想の枕を見つける事です。理想の枕といっても、どのように自分に合う枕を見つけるかわからない人もいるでしょう。枕の素材は色々あり、羽毛、わた、低反発ウレタンやパイプ、ストロー、そば殻などあります。羽毛やそば殻は通気性がよく、汗をかきやすい人へは理想の枕となり、最適ではないでしょうか。自分の好みで理想の枕を見つけていきましょう。

枕は素材が様々あり、硬さや柔らかさ、通気性などありますが、枕で一番重要視するのは枕の高さにあります。低すぎても高すぎてもダメで、自分の身体に合った枕が理想の枕になるというわけです。理想の枕とは、人が立っている姿勢と同じにように寝ている時にもその姿勢になることです。あごを目安にして寝ている状態で、あごが上に向いていた場合は枕が低いということで、あごが下に向いている場合は枕が高いということになります。立っている時にあごが前後しない姿勢が、寝ている時にもよい姿勢となるわけです。普段使っている枕で寝て、あごが上下するか確認してみましょう。応急処置としてバスタオルなどをお好みの形にたたんで、重ねて高さを調整するのもいいでしょう。合っていない枕を使うと、よい眠りにつくことができず、頭痛やいびきの原因にもなります。